タナベ胃腸薬シリーズ

タナベ胃腸薬ウルソ 一日一錠、肝臓から消化器メンテナンス タナベ胃腸薬ウルソ 一日一錠、肝臓から消化器メンテナンス

特長

脂っこい料理が食べられなくなってきた、食べたくなくなってきた

これは、加齢に伴う肝臓の機能低下で、
脂肪分解に必要な胆汁酸の不足が原因の1つです。

タナベ胃腸薬ウルソの成分 ウルソデオキシコール酸(UDCA)が
肝臓に作用し、胆汁酸の分泌を促進し、
脂肪による胃もたれを改善します

UDCAとは

UDCAは5種類あるヒト胆汁酸の1つです。

UDCAの主な作用


UDCAが消化機能を回復・維持します!

『腸肝循環』で長時間とどまるから、1日1錠。

腸で吸収されたUDCAは、肝臓、胆嚢を通って腸内に排出され、95%以上が再び腸で吸収されます。このサイクルを「腸肝循環」といい、UDCAが胃腸だけでなく肝臓・胆嚢にも長時間にわたってはたらきかけます。
だから、「1日1錠」の服用で消化器系をメンテナンスします。

脂肪による胃もたれ、消化不良に、1日1錠。

UDCAが肝臓に作用し、消化器全体をメンテナンスします!

こんな方におすすめ

これからも、おいしく食べたい人に。


歳を重ねるとともに、脂っこい料理が食べられなくなってきた、食べたくなくなってきた方

会食や宴会の多い方

不調を感じても、従来の胃腸薬に頼りたくないと我慢している方

タナベのウルソコミュニティ

TOPへ