タナベ胃腸薬シリーズ

タナベ胃腸薬ウルソ 一日一錠、肝臓から消化器メンテナンスタナベ胃腸薬ウルソ 一日一錠、肝臓から消化器メンテナンス

ウルソデオキシコール酸(UDCA) (2)薬理作用

UDCAが胆汁酸分泌を促進

利胆作用

経口摂取されたUDCAは、腸管から吸収されるとそのまま腸肝循環に入ります。

UDCAは自身が胆汁酸としてはたらくのはもちろん、肝細胞の機能を改善して胆汁分泌を促進します(利胆作用)。

肝細胞内に滞っていた胆汁酸が胆汁成分として分泌されると、脂肪の消化吸収がスムーズに行われるようになり、胃もたれ・消化不良が改善されます。

様々な作用がある、UDCA

UDCAの作用

腸肝循環がスムーズに回ることにより、様々な作用がはたらき、総合的に消化器全体の機能を高めます。

  • 消化器全体
    置換効果による疎水性胆汁酸の細胞障害性軽減作用
  • 肝臓
    利胆作用(胆汁分泌促進)
  • 胆嚢
    胆嚢胆汁コレステロール可溶化
  • 小腸
    脂肪・脂溶性ビタミン吸収改善作用
    膵リパーゼ活性化作用
    コレステロール吸収抑制作用
  • 胃排出促進作用
  • 膵臓
    膵液分泌促進作用

タナベのウルソコミュニティ

TOPへ