ウルソの特長

ウルソの成分

1 ウルソデオキシコール酸(UDCA)とは?1 ウルソデオキシコール酸(UDCA)とは?

UDCAとは?UDCAは5種類あるヒト胆汁酸の1つです。 UDCAの主な作用 胆汁酸の分泌を促進します!膵液分泌を促進, 胃排出を促進, 膵リパーゼを活性化 肝細胞を保護します!胆汁酸分泌機能を維持 UDCAが消化機能を回復・維持します!UDCAとは?UDCAは5種類あるヒト胆汁酸の1つです。 UDCAの主な作用 胆汁酸の分泌を促進します!膵液分泌を促進, 胃排出を促進, 膵リパーゼを活性化 肝細胞を保護します!胆汁酸分泌機能を維持 UDCAが消化機能を回復・維持します!

2 胆汁酸としてのUDCA2 胆汁酸としてのUDCA

体内にあるUDCA

胆汁酸は5種類あります。まず、肝臓で合成されるのはコール酸(CA)とケノデオキシコール酸(CDCA)です。これらが胆汁成分として腸に排出され、腸内細菌によって、デオキシコール酸(DCA)、リトコール酸(LCA)、ウルソデオキシコール酸(UDCA)に変わります。

つまり、UDCAはもともと体内に存在する成分なのです。

胆汁酸はめぐる

肝臓で作られた胆汁酸は、小腸で脂肪の消化吸収にはたらいた後、95%以上が門脈を通って肝臓に戻り再利用されます。このサイクルを「腸肝循環」と言います。
加齢によって肝臓の機能が低下すると、胆汁流量が減少してしまうため、このサイクルが滞り、脂肪の消化吸収が上手くいかなくなってしまいます。

UDCAは親水性

5種類ある胆汁酸は、それぞれ油とのなじみやすさが違います。疎水度の強いものほどミセル化しやすい反面、細胞膜を壊してしまうこともあります。すなわち、疎水度の強いものは細胞毒性が高いのです。

UDCAは親水性のため、細胞毒性が低く、消化器への負担が少ない胆汁酸です。

3 薬理作用3 薬理作用

UDCAが胆汁酸分泌を促進

経口摂取されたUDCAは、腸管から吸収されるとそのまま腸肝循環に入ります。
UDCAは自身が胆汁酸としてはたらくのはもちろん、肝細胞の機能を改善して胆汁分泌を促進します(利胆作用)。
肝細胞内に滞っていた胆汁酸が胆汁成分として分泌されると、脂肪の消化吸収がスムーズに行われるようになり、胃もたれ・消化不良が改善されます。

様々な作用があるUDCA

腸肝循環がスムーズに回ることにより、様々な作用がはたらき、総合的に消化器全体の機能を高めます。

消化器全体
置換効果による疎水性胆汁酸の細胞障害性軽減作用
肝臓
利胆作用(胆汁分泌促進)
胆嚢
胆嚢胆汁コレステロール可溶化
小腸
脂肪・脂溶性ビタミン吸収改善作用
膵リパーゼ活性化作用
コレステロール吸収抑制作用
胃排出促進作用
膵臓
膵液分泌促進作用

4 置換効果4 置換効果

UDCAの比率を上げる

5種類あるヒト胆汁酸の比率は大きく異なっており、UDCAの割合は0~5%とわずかです。
UDCAを継続的に服用すると、腸肝循環によって疎水性胆汁酸の一部がUDCAに置き換わっていきます。疎水性胆汁酸が減ることで細胞毒性が弱まります。
つまり、UDCAの比率が高くなると、細胞保護的に作用します。

体内消化劇場もみてね